自家発電設備に使用される液体燃料の危険物規制

引火性物質や爆発性物質の危険性を有しているものは危険物として定められていますが

消防法では貯蔵量についての指定数量が定められています。

発電設備の燃料となる第4類危険物についての指定数量は下記表のとおりです。

この記事の続き

 

関連記事

  1. 非常用発電機に接続できる消防用設備

  2. 非常用発電機の設置基準及び法令(消防法・電気事業法・建築基準法)

  3. 発電機の更新費用をざっくり知りたい

  4. 非常用発電機のガバナ(調速器)の役割

  5. 中古の防災用非常用発電機を購入されるリスクとリターン

  6. クレーン設置が出来ない密集地での発電機更新

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA