錆びたパッケージのリフレッシュ

発電機 修理

なぜパッケージのリフレッシュを行うのか?

非常用発電機で古くなるとよくある問題にパッケージの劣化(錆)があります。

見た目をそこまで気にする機械ではありませんが

これを放置すると、錆の腐食が進行した箇所から穴があき

雨水が入る=そのまま内部に水が入ってしまう

そのため、見た目の問題よりも深刻な事態を招きます。

 

この記事の続き

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA