非常用発電機のガバナ(調速器)の役割

ガバナとは?

 

エンジンの回転速度を一定に保つ役割を担います。

発電機に紐づく負荷が作動した場合と、その負荷の使用を止めた場合では

エンジンの回転速度が大きくブレる形となります。

車で例えると、急な坂道を進んでいる状態のアクセルを、そのまま平坦な道になってもアクセルを踏んでいると

危ないですよね。

そこで坂道が終わって平坦な道になったら、適正なアクセルに戻す必要があるため、このガバナがその役割を担います。

 

この記事の続き

関連記事

  1. 非常用発電機に接続できる消防用設備

  2. 発電機の更新費用をざっくり知りたい

  3. クレーン設置が出来ない密集地での発電機更新

  4. 中古の防災用非常用発電機を購入されるリスクとリターン

  5. 自家発電設備に使用される液体燃料の危険物規制

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA