非常用発電機のメンテナンス専門会社

発電機マメ知識TRIVIA

2022.07.15

部品のない古い非常用発電機の修理メンテナンス(AVR)

非常用発電機 点検 メンテナンス 修理 基板 制御

 

電圧が規定値まで到達しない電圧不良の非常用発電機

 

今回は電圧不良の発電機を修理した事例です。

対象の非常用発電機は、1991年製造の松下電器製になります。

電圧不良の原因はAVR(自動電圧調整器)の経年劣化による故障です。

 

無負荷~負荷運転でも一定の電圧を保つようにする機能を有します。

このAVRが故障をすると

〇電圧が一定に保たれない

〇規定値が220Vとした場合、100~150Vまでしか電圧が届かない

 

などの故障症状が出ます。

 

古い非常用発電機は制御部品をはじめ電子部品が調達できなくなる

 

古い非常用発電機もメンテナンスをしっかりと行えば、長くご使用を続けることができます。

ただし、パッケージメーカー(非常用発電機を設計・組立するメーカー)が市場から撤退をしたり

古い型式の場合は、補修部品の生産を終了したりするリスクがあります。

今回の非常用発電機は、メーカーが非常用発電機の市場から撤退をしたため

故障しているAVRの供給が受けられない問題がありました。

 

メーカーから供給を受けられない場合の当社対応

 

基板タイプのAVRでしたら、基板を取り外し工場にて不具合箇所の検証と発見箇所の部品交換を行います

また、弊社取引先のAVR製造メーカーと協力して適合品を制作します

 

 

非常用発電機 点検 メンテナンス 修理 基板 制御

 

AVR制作と交換後の症状

 

非常用発電機 点検 メンテナンス 修理 基板 制御

 

適合品を制作、取り付け後の写真です

 

非常用発電機 点検 メンテナンス 修理 基板 制御

 

試運転実施

電圧は正常に規定値220Vを保持しています

 

非常用発電機 点検 メンテナンス 修理 基板 制御

 

しばらく試運転を続け、液漏れや周辺機器の温度変化を計測します

 

最後にお客様に確認を頂き修理完了です。

後日、PDFにて作業内容の報告書をまとめて提出をします。

 

古い非常用発電機でも直せるケースもあります

 

まずはご相談ください