非常用発電機のメンテナンス専門会社

発電機マメ知識TRIVIA

2018.01.24

非常用発電機の蓄電池(バッテリー)を長持ちさせるコツ

 

 

非常用発電機は、普段動かしていなくとも

災害や停電時に自動切替が必ず出来るよう、常に電気が流れています。

 

停電時に動く非常用発電機も

エンジンを始動させるのに不可欠となる、蓄電池(バッテリー)が必須になります。

非常用発電機が動かない!エンジンがかからないと指摘を受けた際は、蓄電池(バッテリー)の電圧不足による原因が一番最初に考えられます。

 

 

非常用発電機, 発電機, 動かない ,故障, エンジン,かからない, 蓄電池, バッテリー 始動 ,受注, 生産, 納期 ,寿命 ,交換, 目安, 費用 ,消防, 電圧 ,長持ち ,電流, 充電 ,種類, 型式 ,HS ,HS ,HSE, HSE ,MSE ,MSE ,ベント ,制御弁 ,整備

非常用発電機 消防認定品の搭載蓄電池

 

非常用発電機に搭載されている蓄電池(バッテリー)の多くは過酷な条件下でも高い始動性が求められるため、厳しい基準を満たした防災認定品となります。

 

この蓄電池(バッテリー)は受注生産品であり部品代も非常に高価なものになります。

 

その分、耐久性が高いため、車の蓄電池(バッテリー)が約2年の交換目安と比べて5~7年と長いのが特徴です。

 

ときどき、この防災型蓄電池を車載用バッテリーで使えるように改造している発電機を見かけますが

 

もしこの発電機を防災用目的で再利用しようとした場合は、車載用バッテリーのままでは消防申請を受けられませんのでご注意ください。

 

 

 
非常用発電機, 発電機, 動かない ,故障, エンジン,かからない, 蓄電池, バッテリー 始動 ,受注, 生産, 納期 ,寿命 ,交換, 目安, 費用 ,消防, 電圧 ,長持ち ,電流, 充電 ,種類, 型式 ,HS ,HS ,HSE, HSE ,MSE ,MSE ,ベント ,制御弁 ,整備

車載用バッテリーを搭載した非常用発電機

 

非常用発電機の蓄電池(バッテリー)は電圧調整で長持ちさせることができる

 

 

少しでも蓄電池(バッテリー)の摩耗を抑え、交換タームを延ばし長持ちさせれば、交換に掛かる費用を節約できます。

 

弊社では、蓄電池交換をご依頼頂いたお客様には主旨をご案内のうえ、電圧調整をさせて頂いております。

 

発電機の充電器から、現在の蓄電池にかかる電圧及び電流値を測定します。

 

 
非常用発電機, 発電機, 動かない ,故障, エンジン,かからない, 蓄電池, バッテリー 始動 ,受注, 生産, 納期 ,寿命 ,交換, 目安, 費用 ,消防, 電圧 ,長持ち ,電流, 充電 ,種類, 型式 ,HS ,HS ,HSE, HSE ,MSE ,MSE ,ベント ,制御弁 ,整備

蓄電池への充電電圧測定

 

蓄電池に掛かる電圧負荷を使用状況に即して調整することで、蓄電池の寿命を延ばしてあげる効果があります。

 

反対に、電圧調整をまったくしていない場合、充電器の設定や時間の経過により高い充電圧のまま放置したままですと

交換目安時期より早く摩耗が訪れるケースがあります。

 

非常用発電機搭載蓄電池の種類

 

非常用発電機に採用されている始動用の蓄電池にはいくつかの種類があります。

 

ベント形

型式表示は HS-〇〇と表示されます。

例 HS-120-6

 

 

非常用発電機, 発電機, 動かない ,故障, エンジン,かからない, 蓄電池, バッテリー 始動 ,受注, 生産, 納期 ,寿命 ,交換, 目安, 費用 ,消防, 電圧 ,長持ち ,電流, 充電 ,種類, 型式 ,HS ,HS ,HSE, HSE ,MSE ,MSE ,ベント ,制御弁 ,整備

ベント形 HS

 

制御弁式

型式表示は HSE-〇〇もしくはMSE-〇〇と表示されます。

例 MSE-100-6

どちらも希硫酸の電解液で作られており

ベント形は比重測定を要し制御弁式は測定を要しません。

このため、ベント形(HS)は補水や減液警報装置を必要としますが、制御弁式(HSEやMSE)にはその必要がありません。

電池内部の密閉性が高くメンテナンスフリーでも長寿命を実現しています。

 

非常用発電機, 発電機, 動かない ,故障, エンジン,かからない, 蓄電池, バッテリー 始動 ,受注, 生産, 納期 ,寿命 ,交換, 目安, 費用 ,消防, 電圧 ,長持ち ,電流, 充電 ,種類, 型式 ,HS ,HS ,HSE, HSE ,MSE ,MSE ,ベント ,制御弁 ,整備

MSE

 

 

理由は

ベント形の触媒戦は充電中に発生する水素や酸素ガスを触媒の作用で水に戻す循環をしているので、定期的に比重測定と補水が必要となります。

一方、制御弁式は密閉構造で作られており、蓄電池からのガス発生を制御弁によりコントロールしているので補水を必要としません。

15~20年前ごろの非常用発電機はベント形が主流でした。

現在販売されている非常用発電機は制御弁式が主流のため、蓄電池のメンテナンスも容易になり

また、始動用に使う消費電力も効率化されたため、搭載する蓄電池の数も圧倒的に減りました。

これにより、蓄電池の交換コストも部品点数が減るので安価となり、整備費用も安価に抑えられる利点があります。

 

蓄電池(バッテリー)の交換費用

 

蓄電池(バッテリー)の単価×個数+労務費+交通費+諸経費です。

 

蓄電池単価により大きく異なります。

また、車のバッテリー交換とは異なり

短絡事故防止や内部抵抗値測定など

専門技術者が現地に派遣して伺うため、労務費1人あたり3~4万円+交通費は最低必要となります。

 

但し、蓄電池(バッテリー)単価の場合、調達はスケールメリットによる業者仕切りがあるので

 

数多くの蓄電池(バッテリー)交換を行っている会社の方が、見積もり金額は安価にできる幅があります。

 

蓄電池(バッテリー)交換の納期

 

蓄電池(バッテリー)は受注生産のため、ご発注から納品まで45~90日を要します。

 

蓄電池メーカーや型式タイプにより納期は異なります。

 

2019年は大型台風が日本各地へ甚大な被害を及ぼし、その影響から蓄電池メーカーは生産稼働率をオーバーした状況のため、納期は遅くなっています。

 

弊社では毎月受注の見込まれる蓄電池は、毎月先行発注を行っています。

 

型式など合致しましたら、通常納期より早く交換施工できる場合がありますので、お気軽にご相談下さい。

 

「発電機の点検整備」「発電機の修理」「バッテリー交換」ご相談承ります