非常用発電機のメンテナンス専門会社

施工事例CASE

【愛知県】某遊戯場施設様の非常用発電機更新

発電機 修理 販売

 

非常用発電機更新工事の流れ

 

老朽化や故障により更新をされる非常用発電機につきまして

今回の更新工事をもとに全体の流れをご紹介します。

 

①KYミーティング

非常用発電機の更新は重量物搬出に伴う危険があるため

事前に危険予測をチーム全体で確認します

 

②非常用発電機の分解

屋根付きの場所などではクレーンが使用できないこともあり

障害物に接触する恐れのあるものは、事前に非常用発電機のサイズを小さくする

分解を行います

 

③アンカーボルト切り離し+商用ケーブル離線

非常用発電機は設置後にケミカルアンカーで固定されています

アンカーボルトを外し、慎重にジャッキアップを行います

並行して電気工事班は商用ケーブル離線を行います

 

④既設発電機の搬出+積み込み

既設発電機を慎重に移動後、運搬車に積み込みします

 

発電機 修理 販売

 

⑤基礎の清掃+アンカー切断

古いアンカーボルトを切断します

既設基礎の清掃を行います

凹凸がある場合にはバフ掛けを行います

 

⑥更新発電機の搬入+設置

更新発電機を設置します

水平レベル調整を行いケミカルアンカーを施工します

 

⑦商用ケーブル結線

既設の商用ケーブルを結線します

このとき、更新発電機と既設発電機ではパッケージサイズが異なるため

余分に長いケーブルは見た目が悪く、事故予防の観点から

余分なケーブルは切断し、綺麗に巻きなおしてから結線をします

 

⑧発電機組立・コーキング

コーキングは発電機と基礎の間に虫や水分が入らないように

コーキング材ですき間を埋めます

 

⑨試運転調整+警報試験

工場から出荷された状態の非常用発電機は制御盤内のヒューズ類などすべて取り外されています

これらを組付けした後、試運転を行います

試運転完了後に警報試験を行います