非常用発電機のメンテナンス専門会社

発電機マメ知識TRIVIA

2020.12.25

非常用発電機に接続する消火栓ポンプの始動方式

非常用発電機の入れ替えには防災負荷の内容を確認します

 

 

防災用の非常用発電機には

災害時に非常用発電機が動かす防災負荷(消火栓ポンプ・スプリンクラー・非常灯など)の出力に即した出力計算に基づき

消防法に定められた容量選定が必要となります。

 

 

 

消火栓ポンプはモーター容量と始動方式が重要

 

ロジエイティブ,非常用発電機,発電機,消火栓,始動方式,容量,計算,出力,消防法,防災,スプリンクラー,非常灯,選定,モーター,じか入れ,スターデルタ,消防申請

消火栓ポンプの銘板

 

消火栓ポンプはモーター出力の確認と同時に

非常用発電機の選定に出力計算で大きく変動する要因の始動方式も同時に確認します。

 

 

消火栓ポンプじか入れ始動方式

 

ロジエイティブ,非常用発電機,発電機,消火栓,始動方式,容量,計算,出力,消防法,防災,スプリンクラー,非常灯,選定,モーター,じか入れ,スターデルタ,消防申請

消火栓ポンプの始動盤

 

別名、全電圧始動といいます。

古い消火栓ポンプにはこの方式がよく採用されています。

 

始動時にモーターへ全電圧をかけて始動させます。

始動時に一時的に定格電流の5~10倍の電流が流れるため


容量の大きなブレーカーと太いケーブルが必要です。

 

 

メリットは

全電圧が直接入るため、始動までの時間が早くなります。

 

 

 

消火栓ポンプスターデルタ始動方式

 

 

ロジエイティブ,非常用発電機,発電機,消火栓,始動方式,容量,計算,出力,消防法,防災,スプリンクラー,非常灯,選定,モーター,じか入れ,スターデルタ,消防申請

 

スターデルタ始動方式とは、じか入れ始動方式に比べて

機械へのショックを和らげるための減電圧始動方式です。

 

始動時にスター接続して、定格速度まで加速後にデルタ接続になります。

じか入れ始動方式に比べ、始動電圧を約1/3に軽減できます。

 

費用対効果の観点から、大型電動機を使用する場合に使われます。

 

 

 

始動方式を誤ると発電機の容量が変わる

 

 

防災用非常用発電機の容量選定には、消火栓ポンプがある場合、始動方式を必ず記載しなければ計算できないようになっています。

じか入れ方式を見あやまってスターデルタで計算しますと発電機の容量不足になります。

 

容量不足になりますと、所轄消防への設置申請が認められなくなります。

非常用発電機は受注生産品のため、発注後のキャンセルは出来ません。

 

そのため、容量選定には慎重な対応が求められます。

 

 

非常用発電機の更新では容量が大きくなる可能性

 

消火栓ポンプに接続された非常用発電機を更新する場合

今設置されている発電機より容量が大きくなる可能性が高くなります。

 

理由は消防法の改正に伴い、防災負荷を動かす容量計算が改訂されたためです。

 

非常用発電機の容量が大きくなると注意するポイント

 

屋内設置の非常用発電機

 

非常用発電機と壁との離隔距離

非常用発電機本体と壁との距離が1mが必要のため

サイズが大きくなるとこの距離が確保できるか重要になります

 

 

 

 

発電機を安価に入れ替え・ご相談承ります