非常用発電機に接続できる消防用設備

非常用発電機(自家発電設備)には接続できる消防設備と接続できない消防設備があります

 

消防法では火災による被害を最小限にとどめるため

人が集まる施設(学校、病院、工場、百貨店、旅館、飲食店など)は防火対象物として

消防用設備を設置を義務付けられています。

非常時にその電源を担う一つとして、非常用発電機(自家発電設備)がありますが

接続できる消防設備と出来ない設備があります。

この記事の続き

 

 

関連記事

  1. 自家発電設備に使用される液体燃料の危険物規制

  2. 非常用発電機のガバナ(調速器)の役割

  3. 中古の防災用非常用発電機を購入されるリスクとリターン

  4. クレーン設置が出来ない密集地での発電機更新

  5. 発電機の更新費用をざっくり知りたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA