非常用発電機のメンテナンス専門会社

施工事例CASE

【兵庫県 某公共施設】非常用発電機の蓄電池交換

発電機 点検

 

非常用発電機の蓄電池(バッテリー)交換

 

非常用発電機が動かない症状の多くは、始動用バッテリーの交換時期を超過した電圧不足です。

非常用発電機の蓄電池(バッテリー)は店頭販売をされている商品ではなく、すべて受注生産品になります。

発注から納品まで1.5~3か月を要する場合もあり

その間は非常用発電機が使えない状態になります。

非常用発電機のバッテリー(蓄電池)は寿命が切れる前に交換を。

 

非常用発電機の蓄電池交換は有資格者が行います

 

非常用発電機の蓄電池は、車のバッテリー交換と異なり

複数の配列された蓄電池を交換します。

この作業では、充電器の機能に問題がないかの測定、充電圧の調整、電流値測定も合わせて行います。

 

蓄電池交換の費用は比較をお勧めします

 

店頭販売されていない非常用発電機の蓄電池は、取扱い業者により蓄電池の卸値はまちまちです。

これに作業費や、出発する場所からの移動交通費、諸経費などがあります。

決して安価ではない蓄電池交換の交換費用は、相見積もりをお勧めします。