非常用発電機のメンテナンス専門会社

施工事例CASE

某公共施設にて100%模擬負荷試験

発電機 負荷試験 修理

 

某公共施設様にて模擬負荷試験を実施しました

 

トンネル内のバックアップ電源として使われている非常用発電機の更新に伴い

模擬負荷試験を実施しました。

発電機室の開口部が狭いため、分解して搬入後に現地組み立てをした非常用発電機の性能を

客観的に評価するため、負荷試験を行います。

 

今回の非常用発電機は、防災用途ではなく一般用電源のバックアップであるため

消防法の30%負荷に加えて、100%の負荷率まで上げて、性能評価を実施しました。

 

BCP用途で設置の非常用発電機には定期的に負荷試験をお勧めします

 

BCP用途で設置された非常用発電機は、防災用途と異なり負荷試験実施の義務はありません。

しかしながら、停電時にしか活用されない非常用発電機は、いざという時に発電性能が担保されているかは

通常の設備点検時には分からない課題があります。

 

模擬負荷試験は停電が不要

 

発電機 負荷試験

 

負荷試験は実際に停電をして発電機に紐づいている負荷に発電機の電気を送る「実負荷試験」と

発電機の二次側を負荷試験器に接続して、発電機の電気を負荷試験器で計測する「模擬負荷試験」があります。

 

消防法 負荷試験

 

模擬負荷試験のメリットは、停電作業が出ないため、製造工場など電気を止められない現場でも

発電性能の評価を測ることが出来ます。

 

非常用発電機は定期的にメンテナンスが必要です

 

発電機 メンテナンス

 

負荷試験は車に例えると、坂道を安全に上ることができるかの発電性能を図る試験です。

非常用発電機は、エンジンで電力を作ります。

オイルや冷却水、フィルターなどの消耗品は、使用頻度を問わず経年劣化をします。

消耗品の交換メンテナンスをせず、負荷試験のみを行いますと、劣化した消耗品が周辺機器の摩耗を早める結果になります。

そのため、定期的にメンテナンスと負荷試験を交互に行うことをお勧めします。