非常用発電機のメンテナンス専門会社

施工事例CASE

【充電器の改修設置工事】廃版モデルの非常用発電機修理

非常用発電機 修理 メンテナンス 充電器 故障

 

非常用発電機の充電器故障と修理対応

 

非常用発電機の充電器の役割

非常用発電機は通常動かすことがないため

始動用バッテリーへの充電は、商用電源から充電器を介して行われています

充電器は始動用バッテリーへ適正電圧と過流電にならないように

制御して充電を行います

 

非常用発電機の充電器が故障すると

非常用発電機 修理 メンテナンス 充電器 故障

 

始動用バッテリー(蓄電池)への充電が行われず

放電してしまうため、バッテリー上がりの状態になってしまいます

 

充電器故障の修理方法

 

基板タイプの場合

非常用発電機 修理 メンテナンス 充電器 故障

 

メーカーから部品供給が得られる期間でしたら

充電器基板をアッセンプリー交換します

廃版モデルなど、既にメーカーから部品供給が得られない場合は

弊社では基板修理を行います

 

BOXタイプの場合

非常用発電機 修理 メンテナンス 充電器 故障

 

同じくメーカーから部品供給を得られれば、アッセンプリー交換になります

すでに廃版により同じ充電器が手に入らない場合は

弊社では、別の充電装置を架装しカスタム制作をします

DVS(電圧検出器)と充電装置を組み合わせ、既設発電機の仕様に合わせて制作をします

 

古い非常用発電機の場合、部品が手に入らないこともご相談ください

 

弊社は古くても長く大切に使える状態の発電機は、安全性を第一に

できるだけ長く使えるように修理・改修をします

 

あきらめる前にまずはお電話またはメールでご相談ください

 

非常用発電機の点検・メンテナンス・負荷試験をワンストップ

 

消防法に基づき設置されている非常用発電機は

電気事業法に基づく法令点検の他に

年に一度の負荷試験または予防保全整備(メンテナンス)が必要になります。

負荷試験のみを毎年行っていても、非常用発電機の故障トラブルは抑制できません。

当社では法令順守と機器寿命を延ばす整備を両立するメンテナンス計画を個別に作成します。

オイルや蓄電池(バッテリー)は寿命(交換周期)を迎える前に交換すると周辺部品の摩耗を抑制できます。

非常用発電機は安心して長くお使い頂ける環境を作ることが、更新頻度を下げて全体コストの削減に貢献できます。

まずはお気軽にご相談ください。