非常用発電機のメンテナンス専門会社

発電機マメ知識TRIVIA

2021.08.25

非常用発電機が動かない場合の原因と対策【空気混入編】

発電機 修理

 

非常用発電機のエンジンに空気が入る現象

 

ディーゼル発電機のエンジンが掛からない原因のひとつに

空気の混入があります。

いわゆるエアガミと呼ばれる現象です。

ディーゼルエンジンは、燃料を圧縮してエンジンを動かす仕組みのため

空気が混入をすると、圧縮ができず始動や運転ができません。

 

エンジンに空気が入る原因

 

非常用発電機で、使用頻度が高くないのに、このような症状が現れた場合に

燃料タンクが別置きタイプのものは、燃料フィードポンプの経年劣化が最初に疑われます。

 

なぜ燃料別置きタイプの方が経年劣化が進むのか

理由は、燃料タンクの位置にあります。

 

燃料タンク搭載型の非常用発電機

 

発電機 修理

 

 

燃料タンク搭載型の非常用発電機は

エンジンより低い位置に燃料タンクが配置されています。

 

燃料タンクが別置き型の非常用発電機

 

発電機 修理

 

燃料タンクが別置きタイプの非常用発電機は

エンジン位置より高いところに燃料タンクが配置されています。

 

フィードポンプが経年劣化しやすいのは別置きタイプ

 

燃料フィードポンプはオイルと燃料が混ざらないように

内部をメカニカルシールで仕切られています。

 

発電機 修理

 

非常用発電機は普段、動かす機会が少ないため

エンジンより高い位置にある燃料タンクの燃料はフィードポンプが受け止めている形になります。

常に動いていれば、弁が開放されますが、動いていない時間の方が長いので内部の経年劣化が進みやすくなります。

 

発電機 修理

 

期待寿命は12年

 

燃料フィードポンプの期待寿命は12年です。

別置きタンクの場合はこれより短くなるため、10年経過した段階で交換しておくことをお勧めします。

 

燃料も6年に一度交換

 

燃料も6年に一度は全量交換をお勧めします。

軽油も長期間同じものや、継ぎ足しで使っている方が非常用発電機には多いですが

機器状態を良好に保つためには交換をお勧めします。

 

理由は燃料も腐るからです。

酸化した軽油は、燃料タンク内の錆を誘発します。

燃料効率も悪くなるため、白煙や黒煙の原因にもなります。

また、燃料系統の詰まりを誘発しますので、何かとトラブルの原因になります。

 

空気が混入する原因は一つだけの部品ではなく

長期間、交換をしていない消耗品の経年劣化が複合的に引き起こす現象のひとつです。

 

年に一度のメンテナンスをお勧めします。