非常用発電機のメンテナンス専門会社

発電機マメ知識TRIVIA

2021.12.07

【非常用発電機の更新工事】こだわり編

発電機 修理 メンテナンス

 

非常用発電機の更新工事は見えない箇所ほど「こだわり」ます

 

非常用発電機の更新工事で必ず実施するのは、商用ケーブルの離線と結線です。

古い非常用発電機と新しい非常用発電機は
同じ出力容量でもサイズが大きく異なります。

おおまかなイメージとして
同じ出力容量でしたら、新しい非常用発電機のサイズは2/3程度にコンパクトになります。

 

発電機 修理 メンテナンス

 

サイズ変更があると
商用ケーブルが長くなったり、短くなったりします。

長いケーブルは見えない箇所へ束ねるのも方法の一つですが

弊社では余分な長さは適正な長さに調整して切断のうえ、端子の付け替えを行います。

 

見た目だけではなく、長いスパンで事故防止になります

 

発電機 修理 メンテナンス

 

見た目が整った状態の配線は通称「整線」と呼ばれます。

余分な長さのケーブル切断から、端子の取り付け~絶縁テープも「しわ」がなく綺麗に巻き付けることにもこだわります。

 

 

発電機 修理 メンテナンス

 

見えない箇所を適当にやったり、面倒なことを省くと時間の経過とともに後々の不具合要因に繋がったりします。

 

時間を掛けてでも、見えない箇所に対してこだわるのは、長く安心して使って頂くために
最大限の配慮をさせて頂きます。

 

発電機 修理 メンテナンス

 

結線後はテスターで通電を確認します。

納品機種のセットアップを行い、試運転調整をします。

 

安心・安全・安価な発電機更新をご検討なら

 

発電機更新工事の価格

 

発電機の更新工事は業者により価格はそれぞれ異なります。

そのため費用面では相見積もりを必ず実施されることをお勧めします。

発電機の更新には

発電機本体の価格と工事費、産廃処分費が大きな内訳としてあります。

 

発電機本体の仕切り価格

 

発電機本体はメーカーから取り寄せる仕切り価格が、取扱い台数の多い専門会社ほど安価になります。

また管理会社など中間マージンが多く発生する商流は、当然ながら費用が高くなります。

 

発電機更新の工事費

 

工事費は施工業者により価格が大きく変動します。

クレーンの立てにくい立地条件の場合など、クレーンの選定や搬出方法により金額が変わってきます。

弊社はクレーンの立てにくい場所には、大きなクレーンを設置する費用より安価になる場合には

現地で分解した発電機を組み立てる「分解搬入出」を行います。

 

発電機の産廃処分費

 

発電機はエンジンオイル、冷却水、燃料、蓄電池など

スクラップ処分をする前に前処理をしなければならない工程があります。

産廃処分費に加えて、前処理の人工費用も要します。

弊社は古くても、壊れていても発電機専門会社として「リユース」目的で下取りをさせて頂きます。

発生する費用を0円に解消し、なおかつ下取りによる実質値引きが得られます。

発電機の更新費用を圧縮するのに大きく寄与します。

 

発電機更新工事の品質

 

 

現場の職人が見えない箇所にもどれだけ手間を惜しまず出来るかです。

人当たりの良い営業マンが対応していても

実際に施工をするのは現場の職人です。

挨拶や身だしなみ、安全対策などはもとより、几帳面で丁寧な仕事をするかは

弊社が最もこだわる部分になります。

 

修理か更新かはお客様の立場に沿ってご提案します

 

まずは発電機の修理か更新かは

費用対効果をお示ししてご納得頂く選択をご用意致します。